シニア1年目の紀平梨花(16=関大KFSC)がSPで今季世界最高点の82・51点をマークし、首位発進した。冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を含む3つのジャンプ要素を決め、13年の浅田真央以来となるシニア1年目の優勝へ好発進した。平昌五輪金メダリストのザギトワ(ロシア)が77・93位で2位、坂本花織(シスメックス)が70・23点で4位、宮原知子(関大)が67・52点で6位。

<SP成績>


順位 選手 得点
紀平梨花 82.51
ザギトワ 77.93
エリザベータ・トゥクタミシェワ 70.65
坂本花織 70.23
ソフィア・サモドゥロワ 68.24
宮原知子 67.52

(日刊スポーツ記事より)