『SUKIKOTO』

話題の人・注目作品にフォーカスする情報体感サイト

美人すぎる日本人女性アスリート 現役10人のご紹介と美人化を考察

スポンサーリンク

2・3年前よりメディアで取り沙汰されるようになった日本人アスリートの美人化現象。実際、街の声はどのようになってきているのでしょうか。過去より現在を追って見る。

 

  

2016年9月17日のメディア情報

リオ五輪が大団円に終わり、2020年の東京五輪がいっそう近づいてきた。そんな中、聞かれるのが、「日本人女性アスリートに美人が増えている」説だ。
「ミス日本」の五輪選手も20年も前に活躍していたバドミントンの陣内貴美子(52)や、最近だとモーグル上村愛子(36)やシンクロナイズドスイミングの青木愛(31)などが美人として騒がれた。
リオ五輪で最も注目されたのは、新体操団体競技日本代表「フェアリージャパン」のひとり、畠山愛理選手だ。それもそのはず、彼女は2015年のミス日本で特別表彰もされているほどである。

 

■およそ4割が美人化傾向にあることを認識
まずは全体と男女別に見てみる。全体では、およそ4割の人が多くなっていると実感を持っており、更に男女間で大きな差が見られない。

 ■年代別に見ると50歳以上から急上昇!
次に年代別にデータを分析してみたところ…20代は28%と低く、年齢が高くなるにつれ増えて50代で一気に半数以上に膨れ上がる。最終的に、20代と60代以上には27.8ポイントもの大きな差がついている。

52年前の東京五輪を境目に違いが表れているような結果。どうやら50歳以上の人は美人化傾向に思い当たる節があるようだ。

 ■メディアの「美人アスリート特集」が原因?
「今が間違いなく美人。昔は男みたいな選手も多かったけど、今は皆女性らしさを身に着けている」(大阪府/65歳男性)
「美人多なってる! 俺は浅尾美和がドストライク!」(滋賀県/26歳男性)
「番組でそういう特集が多くなってきているから、選手たちもオシャレに気を付け始めているのかもしれない」(千葉県/32歳女性)

美人が多くなってきている傾向には、メディアが関わっているとの意見が出た。たしかにスポーツ番組の中では、世界の美人アスリート特集なるものもある。アスリートのテレビ出演なども増えてきているので、練習だけに励むわけにもいかないのかもしれない。競技において容姿の美しさは重要な項目ではないし、どのアスリートでも必死にがんばっている姿を見ていると、そんなことに関係なく必死に応援したくなる。

(ニュースポストセブンより引用 取材・文/しらべぇ編集部・野夢宇一貴)

 

 

メディアの影響が多いのは確かですが、筆者も美人が多くなってきていると感じています。今回では、注目している若手美人アスリートをご紹介していきたいと思います。

 

女子フィギュア

本田真凛さん

「本田真凛」の画像検索結果

 

紀平梨花さん

「紀平梨花」の画像検索結果

 

スキージャンプ

高梨沙羅さん

「高梨沙羅」の画像検索結果

陸上界

奥村ユリさん

関連画像

 

今野美穂さん

 

関連画像

 

なでしこジャパン(サッカー)

仲田歩夢さん

「仲田歩夢」の画像検索結果

 

柔道

出口クリスタさん

「クリスタ 柔道」の画像検索結果

 

卓球

石川佳純さん

関連画像

 

パルクール

泉ひかりさん

関連画像

 

山本華歩さん

「パルクール美人」の画像検索結果

 

まとめ

今回は筆者の独断と偏見で美人アスリート10人をご紹介させていただきました。日本人全体が綺麗になってきているのも感じますし、アスリートとしても世界的にレベルをあげてきているので、なおさらメディアに取り上げられるケースも増えてきている要因もあるでしょう。プロだけでなく一般ユーザーもSNSなどを通じてアップすることもできる世の中で益々、美人発掘が進むでしょう。