『SUKIKOTO』

話題の人・注目作品にフォーカスする情報体感サイト

12月21日『全日本フィギュア』そっくりな二人組・女王紀平梨花に本田真凛はどこまで戦えるか?

スポンサーリンク

「本田真凜画像」の画像検索結果 

2016年世界ジュニア選手権を初出場で制し、2017年にはアリーナ・ザギトワ(ロシア)に敗れたものの合計得点を201.61点にして2位に。平昌五輪シーズンにはシニアに移行し、そのまま一気に駆け上がるのではないかと期待を集めていた本田真凜

 

本田はもともと身体能力も高く、どんな競技でもすぐに習得できてしまう非凡な運動センスの持ち主だ。だが、その天才肌ゆえに練習に熱心に取り組まないと指摘されていた。ジャンプも他の選手が必死に跳び込んでそれを自分のものにするが、彼女の場合は簡単に身に付けてしまう。それゆえに、試合では気の緩みが出てしまうのだろう。

AERA Dotより)

dot.asahi.com

 

本田真凜の長所は滑りや動作のしなやかさ・観客の気持ちも引き込んでしまう表現の豊かさ。

関連画像

  

一方の紀平梨花は今年2018年シニアにデビューして初戦のグランプリシリーズ・日本大会では初優勝。続く2戦目のフランス大会でも優勝。そして先日のグランプリ・ファイナルではショートプログラムとフリー共に1位を取り女王アリーナ・ザギトワを撃破しての完全優勝を果たした。

 

「紀平梨花」の画像検索結果

  

二人の差は今となってはとてつもない差がついてしまった感がありますが、天才・本田真凜に巻き返しはあるのでしょうか?

 

「本田真凜紀平梨花画像」の画像検索結果

www.fujitv.co.jp

全日本フィギュアスケート選手権2018

昨年の失速を機に心機一転アメリカに渡り練習に励む本田真凜。ジャンプの精度に課題を残している現状。全日本ではどのような演技を披露してくれるのか?期待が高まります。

 

広告業界が手の平返し? 

本田真凜は大手化粧品メーカーのコーセーや、プリンスホテルJALなど数々のスポンサーを獲得し、メディアも平昌五輪出場にかなり期待をかけていました。しかし、結果的に転倒などのミスが相次ぎ、総合7位で敗退。実力不足が露呈してしまいました。現在はJAL所属で、移動はすべてビジネスやファーストクラス。宿泊も関連ホテルのスイートルームとVIP待遇です。過去には前コーチが『きちっとした練習ができていない。練習が100必要なら真凜は20ぐらい。すごく甘い。人間は絶対に失敗をするのに、その後のリカバーをする練習をしない』と苦言を呈しているように、完全に慢心状態にあると言っていいでしょう。いくらルックスが良くても実力がなければ、結果的にスポンサーも離れていくでしょうね」(広告業界関係者)

@nifty ニュースより)

news.nifty.com

 

sukinakoto.kyotohannari.work

紀平梨花の登場で一気に女子フィギュアの世界的なレベルが上がるチャンスが到来しました。トリプルアクセルはもちろんのこと、4回転ジャンプもその先に見えてきているのかもしれません。フィギュア大国ロシアにはジュニア選手で4回転を披露する選手も出てきています。これからの女子フィギュア界は紀平梨花を中心に動いていくことになるのか?はたまた本田真凜が全日本で素晴らしい演技で復活を果たせるのか?

 

 

sukinakoto.kyotohannari.work

sukinakoto.kyotohannari.work

sukinakoto.kyotohannari.work

sukinakoto.kyotohannari.work

sukinakoto.kyotohannari.work

 

 スポンサーリンク