『SUKIKOTO』

話題の人・注目作品にフォーカスする情報体感サイト

細田守作品アニメ『時をかける少女』あらすじと主題歌はガーネット(奥華子)

スポンサーリンク

「時をかける少女」の画像検索結果 

 

時をかける少女

原作:筒井康隆

監督:細田守

脚本:奥寺佐渡子

制作:渡邊隆史・斎藤優一郎

音楽:吉田潔

制作会社:マッドマックス

製作会社:「時をかける少女」製作委員会

配給:角川ヘラルド映画

公開:2006年7月15日

興行収入:2.6億円 

 

劇場予告動画

 


時をかける少女(劇場予告)

 

主題歌は『ガーネット/奥華子』

動画が権利関係で本人さんのものが掲載できないので、オススメのカバー動画をアップさせていただきます。

 

 

挿入歌:『変わらないもの/奥華子』(カバーkobasoro&こぴさん)

 

sukinakoto.kyotohannari.work

 

 

出演声優

紺野真琴:仲里依紗

間宮千昭:石田卓也

津田功介:板倉光隆

芳山和子:原沙知絵

  

ストーリー

映画『時をかける少女』の続編的な要素を含んだ作品です。作中には、初代の主人公役の芳山和子さんが主人公の叔母役で重要な役で出演しています。

 

東京の下町にある倉野瀬高校2年生の紺野真琴は、医学部志望の津田功介、春に転校してきた間宮千昭という二人の同級生男子生徒と「遊び仲間」として親しくつきあう関係だった。7月13日、真琴は偶然立ち入った密室の理科準備室で不審な人影を目撃する。その人物を追おうとしたとき、なぜか真琴は転倒して不思議な空間に入る体験をする。気づいたときには誰も室内にいなかった。千昭と功介にそれを話すが、千昭には笑われ功介には「頭は大丈夫か」と言われてしまう。二人と別れて下校中、真琴の乗る自転車のブレーキが下り坂で故障。そのまま電車の接近する踏切に突入し、死を覚悟した真琴は気がつくと坂道の途中、少し前の時間に戻っていた。叔母の芳山和子にその体験を話すと、和子はそれは「タイムリープ」で真琴の年頃の少女には「よくあること」と返答する。納得できない真琴だったが、自らの意思で過去へのタイムリープを試みて成功する。

 

 

まとめ・合わせて読みたい

 

sukinakoto.kyotohannari.work

sukinakoto.kyotohannari.work

sukinakoto.kyotohannari.work

sukinakoto.kyotohannari.work

 

『SUKIKOTO』サイトを紹介してもらいました。

 

このサイトは雨あめが運営しています。