『SUKIKOTO』

話題の人・注目作品にフォーカスする情報体感サイト

紀平梨花きひらりか・世界選手権フィギュア2019優勝に死角はあるのか?

スポンサーリンク

関連画像

スポニチより

 

 

紀平梨花きひらりかさん

紀平梨花さんといえば、昨年2018年のシニアデビューでいきなり優勝をして、一躍人気フィギィアスケーターになりました。当初はロシアの女王アリーナ・ザギトワともまだまだ差があったようですが、デビュー後の半年で演技構成に磨きを掛けて、アリーナ・ザギトワにどんどんキャッチアップしていきました。

 2018年グランプリファイナル初出場・初優勝

sukinakoto.kyotohannari.work

 

2018年年末の全日本フィギィアでは準優勝

sukinakoto.kyotohannari.work

sukinakoto.kyotohannari.work

 

そして先日の4大陸大会では、ショートプログラムで5位と出遅れましたが、フリーで最高の出来栄えで逆転優勝を飾りました。世界中で衝撃が走っています。現在、間違いなく最高プレイヤーであることは間違い無いでしょう。

 

世界選手権フィギィア2019(埼玉スーパーアリーナ)

日程:3月18日(月)〜3月24日(日)

3月20日女子ショートプログラム

3月21日男子ショートプログラム

 

3月22日女子フリースケーティング

3月23日男子フリースケーティング

 

3月24日エキシビジョン

 

18日と19日は練習で20日が一つの山・女子ショートプログラムがあります。そして22日の金曜日が女子フリースケーティングで勝敗が決まります。

wfc2019.jp

 

出場選手で紀平梨花のライバルは?

正直、きちんと演技をした前提で考えるとロシア勢が最大のライバルになるでしょう。

元女王のアリーナ・ザギトワが技術点(例えば、トリプルアクセルを飛べるようになる)を紀平レベルまで成長していたら、最大の脅威はやはりザギトワになるでしょう。

 

sukinakoto.kyotohannari.work

 

ザギトワに焦点を当てて解説しましたが、技術点では、紀平。演技構成点でザギトワのイメージがグランプリファイナルでは演技構成点で紀平の成長が著しく、ザギトワに肉薄しました。

 

明らかにトータルの完成度で見ると紀平が一枚も二枚も上のレベルにいることがわかります。

 

では、ロシアには他の有力な選手がいないのでしょうか?

元女王のメドベージェワ選手や昨年の年末のロシア選手権で優勝したジュニア選手のアンナ・シェルバコワ選手など、まだロシアの選手発表がされていませんので今後に注目が集まります。

sukinakoto.kyotohannari.work

 

まとめ

今度の大会は非常に注目されています。ロシア勢VS紀平梨花の構図になることは間違いなく、今後の女王争いを見守りたいと思います。

 

sukinakoto.kyotohannari.work

 

sukinakoto.kyotohannari.work

 

『SUKIKOTO』編集部・雨あめ