『SUKIKOTO』

話題の人・注目作品にフォーカスする情報体感サイト

『ダイエットで美人になる女性7選』健康的に痩せる方法を紹介

スポンサーリンク

 

 

睡眠で綺麗に健康的に痩せる

友野なおさん:睡眠コンサルタント

関連画像

上質な睡眠で体質改善『My Wellness』

(スターバックスコーヒージャパン健康保険組合より)

 

睡眠を専門に研究。睡眠改善で自身も10キロのダイエットをされている。『オトナ女子のための睡眠パーフェクトブック』(大和書房)『今日の睡眠ダイエット』など著者多数。

就寝1時間前になったら必ず「眠活」を実践することがマイルールです。
具体的には照明をやや暗めで暖色系のものに切り替えること。
そして、とにかく心身共にリラックスさせてあげることが睡眠時間をダイエット時間に変えるための要になるので、ヨガや瞑想、呼吸法、マッサージツボ押し、ストレッチなどを行うことを習慣づけています。
これ以外にも、リラックス効果のあるアロマや音楽、本の力を借りて心を癒します。
冷えが気になるときには熱めのお湯で手浴、足浴を行うようにすることと首と目元を温めることも日課です。快眠が邪魔されないよう、テレビやパソコン、スマホの使用は23時までで切り上げることを心がけています。

 

中野信子さん:脳科学者

 

『寝る寝るダイエット』

寝ないと太る、と聞くと不気味ですが、「ちゃんと寝ることはダイエットにもいい」というのは、聞き捨てなりません。それはホントなのでしょうか。そして、どうすればいいのでしょうか。中野信子さんに聞いてみました。

「ちゃんと寝ないと太るって、たしかに私、言いましたね。不安を煽るようなことを言って申し訳ないですけど、本当のことだからしょうがないですよね」(中野さん)

ああ、やっぱりホントなんですね。

その理由は、脳とカラダのメカニズム。トークの中で中野さんが指摘しているように、睡眠不足になってしまうと、飽食シグナルを出す「レプチン」というホルモンが減少して、空腹ホルモンとも呼ばれる食欲を増進する「グレリン」というホルモンが増えることがわかっています。

アメリカで行われた実験では、1日あたり1時間20分程度睡眠時間が短いグループと、しっかり眠ったグループを比較すると、睡眠が短いグループで約500kcalも摂取カロリーが増えたという結果も報告されています。普通盛りのごはん1杯がだいたい235kcalですから、なんと茶碗2杯分もたくさん食べてしまうことになります。

「睡眠時間が短いということは起きて活動している時間が長くなり、余計に食べてしまうケースもあるでしょうから、それを含めた500kcalということです。ともあれ、脳やカラダのメカニズムとして、睡眠が不足すると太りやすくなるといって間違いはありません」(中野さん)

 

佐藤圭子さん:佐藤圭子ヘルスプロモーション研究所

ダイエット外来の寝るだけダイエット 「痩せホルモン」を分泌させる睡眠法

ダイエット外来の寝るだけダイエット 「痩せホルモン」を分泌させる睡眠法

 

 

睡眠というと体を休めるための行為と思われがちですが、正しく眠るだけでやせることも可能なのだとか。
「睡眠中には、脂肪分解作用のある成長ホルモンが分泌され、しっかり眠ると、1日あたり300kcalの脂肪を消費してくれます。逆に寝不足だと、その量は90kcal程度にダウン。つまり、しっかり眠る人に比べ、寝不足の人は1日あたり210kcal、1か月で6300kcal分もの脂肪が分解されずに蓄積されてしまうのです。体脂肪1㎏は7200kcalに換算されるので、寝不足だと1か月で900gずつ太る計算になります」(よみせ通り診療所所長・佐藤桂子先生)成長ホルモンにはアンチエイジング効果があるので、しっかり眠れば肌の若返りも可能。さらに、睡眠は食欲とも深く関わっているといいます。

  • 睡眠時間は7時間目安で:コロンビア大学の研究で睡眠時間が7時間の人に比べて、5時間では52%、4時間だと73%も肥満率が高くなることが明らかになりました。
  • 遅くても夜中の3時には眠っていること:成長ホルモンが多く分泌されるのは深い眠りに落ちた時。特に深い眠りに入りやすいのは眠りについて3時間までの間で人間にもともと備わっている眠気リズムが夜中3時が最も強くなる。
  • タンパク質を摂る:植物性タンパク質と動物性タンパク質をバランスよく摂り、成長ホルモンとなって働いてくれます。

 

食で健康的に痩せる

木下あおいさん:食事を中心に栄養管理

 

www.instagram.com

 

自身のダイエット経験をもとに、内からの美を追求。食事を中心とした「食べる美容」で痩せるテクを発信。

「目的が曖昧だから。楽しく美味しく食べて、自分がキレイになる方法を探して!」

ダイエットに失敗する人は、目的がクリアでないという共通点があります。目の前の欲に勝ち、失敗を繰り返さないためには、まず目的を明確にしましょう。また「ダイエット=苦しい」のであれば、自分に合っていない方法なのかも。例えばお菓子を食べて幸せを感じるのであれば、楽しく美味しく食べる。その前後の食事で調整すればOK。自分の性格を分析して、楽しく続けられる方法を模索して。

 

歩き方で美しく

仁香さん:ウオーキングアドバイザー

www.instagram.com

姿勢・ウォーキングアドバイザーの資格を生かし、レッスンを開催。新刊『美人な歩き方』(SBクリエイティブ)。

「どんなにダイエットしても姿勢と歩き方が悪ければ、痩せない!」

猫背の姿勢でいると、腹筋が使われにくくなるのでお腹まわりに脂肪がつきやすくなります。外側に重心をかけて歩いている人もよく見かけますが、ふくらはぎの外側の筋肉が発達して、足がたくましくなる原因に。また姿勢や歩き方が悪いと、骨盤のゆがみを招く可能性も。内臓の位置が下がり、代謝が落ちて脂肪や老廃物が溜まりやすいカラダになります。日常動作を見直さないかぎり、真の美ボディは手に入りません!

 

心から美しく

酒向杏奈さん:メンタルトレーナー

ダイエットを続けるには前向きな心を育む目標設定が大切。

www.instagram.com

 

宝塚歌劇団で娘役として活躍。退団後はメンタルトレーナーとして、美容なども含めた女性向けセミナーを開催。

「自己否定感がダイエット挫折の原因!」

ダイエット開始当初は、 意欲が溢れていて「毎朝走る!」 などと行動目標を高く設定しがち。ハードルが高いと、 達成できない日もあって当然ですが、 そのたびに人は「やっぱり私はダメだ……」と自分の人間性を否定してしまうもの。その結果心が疲れてしまい、諦めモードに突入→ 行動がストップしてしまうのです。ダイエットを長く続けるには、前向きな心を育む目標設定が大切です。

 

山本未奈子:美容家:ビューティーセラピスト・スペシャリスト

非常勤講師としてNYで数々の実績を誇る美容学校にて教鞭を執る。'09年7月美容ブランド「SIMPLISSE(シンプリス)」を発表。現在はMNC New York Inc.代表として化粧品事業、ヘアアクセサリー事業、スパ事業、ビューティシャン育成事業など「全女性が美を通じて充実した日々を送れるよう支援する」ことをモットーに事業を展開。また美容家として、理論と経験を軸に講演や執筆、雑誌・webサイトの美容記事の監修など他方面で活躍。3児の母。

 

www.instagram.com

 

山本未奈子さん:リバウンド防止8か条

  • 正しい姿勢で行動する
  • やばい!と思ったら6週間だけ食事を改善
  • 食事の際は野菜やスープから
  • 内側から温めて冷えを解消
  • サプリメントで栄養摂取&腸のバランスを整える
  • 全身マッサージで巡りをアップ
  • 大きな筋肉を鍛えて基礎代謝を上げる
  • 睡眠のクオリティーを上げる

 

まとめ・感想

健康的に痩せるためには多角的に自分を見つめる必要があることがわかりました。そして心の状態が良くないと全てに影響することも良くわかりました。その上で自分に出来る事を無理なく進めて行くには「とりあえず、色々試してみる」これにつきます。その中で自分に合った健康的にリバウンドもなく痩せる方法・維持できる方法が見つかって行くでしょう。

 

ダイエット美女3人『本島彩幌里さん・土井千春さん・太田葉子さん』

sukinakoto.kyotohannari.work