『SUKIKOTO』

話題の人・注目作品にフォーカスする情報体感サイト

仮想通貨取引所・リップル取引世界1『Bitbankビットバンク』口座開設・注意点など紹介

スポンサーリンク

画像の配置 暗号資産(仮想通貨)取引所・リップル取引量世界一『BitBankビットバンク』

 

ビットバンク・仮想通貨取引所に口座を開設する

取引所に登録をして購入する事が出来ます。今回は 「BitBank」ビットバンクに登録して 進めて行きます。 

  1. スマホで 「BitBank」アプリをインストールします。
  2. アプリに個人情報の登録と運転免許証をスマホカメラで撮影登録SMS認証 二段階認証でセキュリティ対策が出来る様になります。
  3. 1週間くらいで自宅に本人住所確認のハガキが届いたら取引できます。
  4. 入金は、ビットバンク指定の口座に振り込みます。
  5. 入金確認も10分から30分以内で完了。早いです。
  6. これで暗号資産(仮想通貨)を購入することができます。

ビットバンクでは 6通貨を扱っています。

編集部 おすすめの通貨が一通り 扱ってるので有難いです。

  1. ビットコインBTC
  2. イーサリアムETH(BTCとのペア)
  3. リップルXRP(JPYのみ)
  4. ビットコインキャッシュBCH
  5. モナコインMONA
  6. ライトコインLTC(BTCとのペア)

 

リップルのおすすめポイント 

リップルXRP価格に注目

  • 最高値400円から1/10以下まで価格が下がっている。ここから下がっても10円くらいまででは?と考えます。
  • 現在 30円から50円くらいを動いています。今から投資すると最高値までの倍率でいくと10倍以上あります。(あくまで最高値まで行くとは言ってる訳ではありません。投資のされる方は自己責任で判断をして頂ければと思います)

オンリーワン通貨で特徴が明確

  • 銀行 特に国際送金に特化している通貨で現在、リップル社では世界各国の大手銀行と提携が進んでいる。
  • 他の仮想通貨とは明確に特徴を出していて他の通貨では今から追随しにくい。
  • オンリーワン通貨と呼ぶにふさわしく今後淘汰されにくい。 

仮想通貨でありながら 中央集権的

  • リップル社が主導で開発されていて経営陣の経歴が凄い。
  • 他の通貨より一度上がった価格までの倍率が大きい。
  • 競争に負けて消えて無くなりにくいことで推奨です。
  • ある程度、購入時期を分散して購入する事をおすすめします。
  • いきなりフルで買い込まず下がって行くことも想定しましょう。

 


まとめ

日本では人気のリップルを板取引で売買が出来るので、需給バランスをチェックすることもできるので、おすすめの仮想通貨取引所『Bitbank ビットバンク』です。 リップルの取引高も世界1のタイミングもあり、今後、口座を持っておきたい取引所になります。