『SUKIKOTO』

話題の人・注目作品にフォーカスする情報体感サイト

仮想通貨『ネムXEM』徹底解剖・特徴・買い方・価格・取引所・2019今後の将来性

スポンサーリンク

初めての仮想通貨ネム 今後どうなる?

 

仮想通貨ネムXEMの概要

  • NEM             もともとはNew EconomyMovement 新しい経済運動の略称でしたが、現在では固有名詞NEM。金銭的な自由、分散化、平等主義と公平性、および連帯感の原則に基づいて、新しい経済圏の創出を目指した仮想通貨のプロジェクトです。
  • 通貨名   XEMゼム
  • 発行日   2015年3月
  • 総発行数量 89億9999万9999枚  およそ1600人の投資家に均等に分けられたのが最初で、新規発行はありません。ネットワーク貢献者への報酬はハーベスティング(収穫)という形で分配されます。
  • ブロック生成間隔 約1分 
  • アルゴリズム  PoI  プルーフ・オブ・インポータンス   

ネムの特徴

Pol(Proof of Importance) NEMは莫大な資金を使って採掘システムを構築するような一部の採掘者やグループに報酬が偏ってしまうことの無いように設計された最初の仮想通貨になります。

 

ネムのハーベスティングとは?

NEMではビットコインなどのマイニング(採掘)は、ハーベスティング(収穫)と呼ばれており、多くの人が気軽に参加できるようになっています。NEM利用者は、取引が正当だと承認してもらうために手数料を払い取引を行います。承認は『1万NEMネム』以上持っているアカウントなら誰でも行うことができます。高性能なコンピューターを必要とせず、個人のコンピューターで報酬を得る機会があります。

 

ネムNEM財団とは?

2016年に国際的な新組織としてシンガポールに保証有限責任会社として設立。NEM財団はNEMの普及と教育を促進するために各地で活動しています。また、ブロックチェーンの開発や管理も行なっています。

ネム財団の指揮編成報道

NEM.io財団が2019年1月31日プロモーションを中心とした組織からプロダクトを中心とした組織への組織編成を発表した。「倒産危機」報道があったことで財団の代表がツイートしました。

 

組織編成・発表によると以前と比べて新しい組織では半分未満の出費に抑えられる計画でプロダクトに特化した組織に変更するという。

 

アレックス・ティンズマン氏の倒産危機報道に対するツイート。

 

 

 

2019年2・3月ごろはネムの価格が4円程度(最高時で200円でコインチャックがハッキング当時に保証した価格が88円)ですからどれだけ下がったかが良く分かります。

 

ネムの今後の浮上は?

やはり、仮想通貨自体の冷え込みとビットコインが本格的に調整相場から抜け出して緩やかでも上昇トレンド入りするまでしばらく、底を試しに行く展開が当分続くと判断できます。底値から10円程度まで上昇しはじめているところを見ると他の仮想通貨同様にこれから、上昇していくことが見込まれています。今が仕込み時かもしれません。

 

資金を投入するなら分散法で何回かに分けて仕込んで行くことが大切になります。

 

 

ネムの開発に日本人?

  

ネムNEMのカタパルトって?

カタパルトとは、NEMの機能をアップデートできるプロジェクトのことです実際にカタパルトがNEMに応用されると処理スピードが向上します。1秒あたり 4000件ほどのトランザクションが可能となるとされています。(ちなみにリップルで1秒1000件)データ容量が大きすぎて決済スピードが遅くなってしまう『スケーラビリティー問題』もカタパルト実装でクリアできます。

 

 

ネムの利用が進んでいる

『ネム(XEM)OATH Protocol』ネム財団が戦略的パートナーシップ

 

ネム(XEM) オーストラリアのグルメ検索決済サービス『Liven』と提携

オーストラリアで30万人以上のユーザーを抱え、1000以上のレストランの予約・支払いができるアプリ『Liven』と提携発表。

 

coinpost.jp

 

世界最大規模のdAppsエコシステム『Gifto』と提携

Giftoはイーサリアムブロックチェーン上で稼働しているが、スケーラビリティ向上とコスト削減を目的とし、ネムブロックチェーン上への移行を検討。

最近、ネムプロジェクト自体の動向は、8月〜9月にかけて6つの仮想取引所へ上場。

ネム(XEM)とPortal network提携 

ネムブロックチェーン上に分散型ドメインネームサービスである”NEM Name Service(NNS)”​を構築するための戦略的提携の合意に至ったことを発表した。

nemlogの投げnem 5000回達成

 

ネムラーのツイート

『仮想通貨取引所Liquid』に上場

 

『仮想通貨取引所LiteBit』オランダに上場

 

NEM ギフティング『エンゲート』ベータ版リリース

 

ネムNEMをお財布ケータイ『Tofudash』プロジェクト

 

韓国サムスン XRP NEMなど仮想通貨での支払い受け入れ 

 

ネムの日本法人設立『NEM JAPAN』の設立。

 

2018年11月29日(木)にNEM JAPAN(ネム・ジャパン)の設立を公式に発表した。東京都港区を拠点とし活動していくようだ。公式Twitterでも、「NEM.io財団の日本法人として、2018年11月28日付けで一般社団法人NEM JAPANの登記が完了」という内容がツイートされていた。

 

まとめ・ネムはどこで買える?

ネムの購入できる仮想通貨取引所はコインチェック・DMM Bitcoin・フィスコ(旧ザイフ)で取扱がされています。

www.zerokarabitcoin.com

 

SUKIKOTO編集部