『SUKIKOTO』

話題の人・注目作品にフォーカスする情報体感サイト

サトシ・ナカモトはクレイグライト博士だった!BSVの暴騰要因に!

スポンサーリンク

 

アメリカの著作権局はこの度、ビットコインのホワイトペーパーを作成した人物を特定し、そしてクレイグライト博士がナカモト・サトシであることが証明されました。

そしてライト氏の2つの著作権を付与することを決定しました。

サトシ・ナカモトはクレイグ・ライト氏だった

 

サトシ・ナカモトはクレイグライト氏だった

 

 

クレイグライト氏は現在、Nchainのチーフ開発者でロンドンを拠点としている人物です。昨年の2018年11月のビットコインキャッシュBCHのハードフォークで分裂した仮想通貨(暗号資産)BSVを推奨している人物です。当時の分裂騒動の原因になったことは自身が作成したホワイトペーパーに準じた開発方針になっていないと開発者間で意見や価値観が合わなかったことが原因でしたが、

サトシ・ナカモトがクレイグライト氏である以上、産みの親としては当然の決別だったと今になってはっきりとわかります。

 

当時のハードフォークでの騒動や分裂について解説しています。

sukinakoto.kyotohannari.work

sukinakoto.kyotohannari.work

 

 

世間の反響は?

 

仮想通貨情報サイトに報道状況は?

コインテレグラム

jp.cointelegraph.com

jp.cointelegraph.com

CNET

japan.cnet.com

 

まとめ

今後の仮想通貨(暗号資産)の進展に非常に大きな影響を及ぼす出来事であったと考えます。そして、現在はそれほどでもない反響がいずれ大きなうねりとなり、仮想通貨市場に反映されていくことでしょう。来年2020年の5月ごろに迎える半減期が一つのターニングポイントになるかもしれません。今後を注視していきたいと考えます。

 

SUKIKOTO編集部