『SUKIKOTO』

話題の人・注目作品にフォーカスする情報体感サイト

フェイスブック『Libra 』世界27億人の経済圏が産まれる仮想通貨革命

スポンサーリンク

フェイスブックが開発表明した仮想通貨(デジタル通貨)が世界を揺るがしています。ただの仮想通貨じゃないの?仮想通貨業界にはいい話題性になるの?

様々な意見がありますが、世界の既存金融業界・特に世界各国の中央銀行は危機感を示しています。ではなぜそれほど危険視されているのでしょうか?

スクリーンショット 2019 06 19 7 36 32

 

ビットコインをはじめとする仮想通貨はたくさんありますが、フェイスブックのLibraへの反応はそれとは異質の反応を世間の既存金融機関はしています。一体何が起こっているのでしょうか?

 

 

フェイスブックLibra

Libra特徴

  • 価格変動のないステーブルコイン(ブロックチェーン)円とドルとユーロなどの主要通貨のバスケット・ドル国債 などを担保にするステーブルコイン
  • 参加企業がすごい(Visa・マスターカード・Uber・Paypal・Stripe)また参加費用は1社11億円で今後100社以上に増えていく見込み
  • スマートコントラスト実装(Libraチェーンでアプリが作れる)オープンにアプリ開発などができるようになる。→イーサリアムなどの仮想通貨と同様の仕組み
  • フェイスブックアカウントがそのままウオレットになる(銀行口座がない人も利用できる→現在世界で銀行口座を持たない人は17億人・そのうちスマホを持っている人10億人)インスタグラム・whatsappなどのアカウントの利用。

 

 

無視できない仮想通貨Libra

ビットコインは2008年のリーマンショクの後、生まれた電子通貨です。それは、ある意味で既存の通貨発行権を世界の中央銀行から奪いかねない大発明でした。しかし、あれから10年、既存の決済機能を揺るがすほどの存在にはまだまだ程遠い通貨(資産・アセット)です。

最近では、決済機能というよりは一つの投資金融商品としてのポジションニングの色合いも出て来ています。(有事の金・ゴールドと比較されるケースやリスクオフ時の逃避先として)そして世界の議論にはなるが、大きな存在ではなく規制やルールに非常に時間がかかって来ました。(要は通貨発行権のある組織(国や資本家)からそこまで脅威ではなかった)

 

しかしフェイスブックのLibraは既存の金融機関・中央銀行(通貨発行権のある銀行)が無視できないレベルであると認識されているようです。通貨発行権の利権を根こそぎ取られる可能性を秘めているからです。

 

無視できないポイント

  • マネーロンダリング
  • キャピタルフライト
  • 銀行ビジネスが壊滅的
  • 政府の通貨発行権を脅かす→各国の金融政策が通用しなくなる
  • 消費者保護をどの様に仕組み化するのか?ハッキングや犯罪行為に対して

世間の反応は?

 

フェイスブックが銀行になる?

 

メガバンクを壊滅させる

gendai.ismedia.jp

 

www.fnn.jp

 

日本の金融庁『仮想通貨でない可能性が高い』 

www.nikkei.com

 

国際決済銀行が中央デジタル通貨を支援

jp.cointelegraph.com

jp.cointelegraph.com

 

まとめ

世間の反応は2種類ですね。大きな影響がないという意見と脅威と捉えている意見と。

世界の人口の1/3の約27億人のユーザーがいるフェイスブックですから、影響がないということはないと感じますが、今後どうなっていくのか楽しみにしたいと思います。