『SUKIKOTO』

話題の人・注目作品にフォーカスする情報体感サイト

ベーシック・インカム『少子化対策本命』本来の人間の創造性が産まれる

スポンサーリンク

ベーシック・インカム 少子化対策になる


 

 

ベーシック・インカムとは?

ベーシック・インカムとは政府がある一定の金額・例えば、月一人当たり8万円年間96万円支給する仕組み(働かなくて良い・生涯・定期的に定額を支払う)

 

仕事がない世界がやってくる・AIに取って変わる時代はきている 

 

ベーシック・インカムのメリット

  • 他の社会保障制度を廃止できる→ほとんどの公共制度が必要なくなる(ベーシック・インカム制度のみの社会保障制度)
  • 小さな政府が実現できる(仕事がなくなってもベーシック・インカムで困らない)
  • 自由な働き方が出来る→それだけの収入でいい人は働かなくて良い・転職市場が活性化する(ブラック企業はなくなる)・自分のしたい仕事をスタートすることが出来る世界が実現する。
  • 少子化対策になる→家族が増えれば、増えるだけ家計収入が増える
  • さらに生産性のある世界が実現する様になる(AIでどんどん仕組み化していく様になる)
  • 犯罪や自殺者も少なくなる(お金に困る人が基本いなくなる)

 

ベーシック・インカムのデメリット

  • 働かない人が増える→人間は人に頼られることで幸福を感じる。
  • 知的好奇心がさらに発揮される世界が来る
  • 勤労意欲の減退→働かないことは暇を持て余す事になる→実際はずっと働かない生活は意外と過ごせない。
  • 予算は足りる?年間約100兆円(1億2000万人✖︎年間96万円)現在すでに60兆円くらい社会保障制度で予算がかかっている→政府支出MMT(現代貨幣理論)で十分実現可能です。また、他の方法でも実現可能です。
  • 既得権益が大きすぎてなかなか前に進まない(議論が持ち上がらない)

 

sukinakoto.kyotohannari.work

  

ベーシック・インカムの推奨者・動画集

学べるニュース 池上彰氏

 

辛坊次郎氏

ベーシック・インカム導入すべき 

 

ホリエモン&乙武氏のベーシック・インカムの良い点 

 

少子化対策になる

フランスでは4人子供がいると働かなくても生活できる仕組みがすでにある

 

橋下徹氏

ベーシック・インカムは公務員の中間搾取を排す

間接経費がかかりすぎている日本の仕組みは課題 

 

田中康夫氏

ベーシック・インカムは血を流さない一大革命である

平成28年で受給者数は214万人(163万世帯)

問題は裁量行政 

 

SUKIKOTO 編集部