『SUKIKOTO』

話題の人・注目作品にフォーカスする情報体感サイト

5Gで世界は一変する・個人も企業もサービスを売る時代へ変革する

スポンサーリンク

「5G 中田敦彦」の画像検索結果

5Gで世界は一変する

 

中田敦彦YouTube大学『5Gで世界が変わる・前編』

通信技術の進化が早い

10年おきに技術革新してきた(10年ひと昔と言われる所以)

5G=5 Generation ファイブ・ジェネレーション

1G:1980年 携帯電話

2G:1990年 メール

3G:2001年 情報のプラットフォームが見れる(imode・ezweb)

↓   iPhone 3Gは4Gの時代を考え、スマホを発売していたアップルは凄い

4G:2012年 動画・スマホゲーム →ラスト侍みたくラストガラケー

5G:2020年 高速大容量通信・超信頼低遅延・多数同時接続

(2019年4月3日から、5Gスタート アメリカ&韓国 世界初)

できることが幅広いので、今までの進化の比ではない。インフラを抑えたから5Gを抑えることができる訳ではない。まだ潜在的に需要のあるもの全てが想像されていない

 

5Gで何がくる?

潜在的需要の発掘をしていくことが必要。

今まではB2C(ビジネスからカスタマー)・B2B(ビジネスからビジネス)

→B2B2Xになる(ネットと自分のサービスが繋がった未来になる)

 

XaaS(SaaS・Maas)

ソフトウェア・アズ・サービス(ソフトを切り売りするのではなく、クラウド上にソフトウェアを置き、定額サービスで利用できるようにする・例えばマイクロソフトやアドビのソフト定額サービス)

 

モビリティー・アズ・サービス(トヨタが自動車を売るサービスから自動運転で自動車を利用して定額制でサービスを売るサービス)

 

2020年「5G」始まる・何が革命?イケハヤ大学

  • 通信速度100倍・大容量→ギガ料金制が変わる
  • 動画がさらに身近に 高速化・高画質化・リアルタイム化動画でシェアする時代
  • VR/AR
  • 遠隔医療
  • 遠隔運転
  • ビッグデータ
  • ブロックチェーン 

 

落合陽一・5Gが拓く未来

  • 空間電送・共有(二次元の空間電送→三次元化・リアルタイムで空間を共有するようになる・デバイスもスマホでなく、ゴーグルかもしれない)
  • 自動運転(車間コミニケーション・渋滞なくなる・事故が減る)
  • リアルタイム中継(低遅延)(スポーツ観戦・遠隔医療)
  • 見守り介護・身体介護ダイバーシティー

 人間がそこにいなくて良い技術が5G

 

5Gで空間認識技術が飛躍的に激変

スタジアムの観戦が審判の目線や選手目線・上から眺めたりできる 

2025年以降は何も装着なしで仮想現実が見える未来がくるかもしれない

 

中田敦彦『5Gで世界は一変する後編』

動画見放題

ギガ大容量・高画質・折りたたみスマホ(ギャラクシーフォールドー有機EL)・映画ー2時間の映画を3秒でダウンロードできて高画質で大画面で見ることができるーどういうコンテンツに需要が集まるのか?

VR/AR・マルチアングル

仮想現実(バーチャル空間)ライブ・スポーツの見方が変わるーマルチアングルで大画面で同時多数接続・VRで家族で楽しむこともできる

ゲーム

凄い接続数でリアルタイムでゲームをリアルタイムで楽しむ世界ーグーグル『STADIA』などなど

sukinakoto.kyotohannari.work

 

自動運転

5Gの大本命は自動運転。Byton(中国)ースマホに人が乗れるようにしている(インターネットにつながる前提で開発ーコネクティックカー)自動運転にはレベル1〜5がある。レベル4は完全自動運転のレベルでレベル5はその国で全てが自動運転化した状態(2030年代か?特化地域で自動運転する状態なら2020年代でやって来る)

医療

遅延のない世界がポイント。遠隔医療・手術ロボ ・ウェラブルヘルスの世界・コネクティック救急車も実現

商品購入

未来のリアルストアー(レジ作業がいらなくなる世界ー購入する商品をそのまま、店を出ていくことができるようになるータッチレスゴーの世界も近いーアマゾン・ゴー) 

 

5Gの世界と5Gリスク

  • IOTの世界がくる
  • 個人がデバイスを持たなくて良い世界ースマートグラス・イヤホンでSIRIで依頼する世界(スマホなども最終的に必要なくなる)
  • 信用ポイント世界(顔認証システム)ースコアリングの世界
  • 地域格差が出来るー5Gが整うのは順番でないと出来ない
  • 犯罪リスク・個人情報が流出した時の被害が甚大
  • ルール整備と個人個人の認識・知識格差
  • さらなる6Gに向けての動きーアメリカでは次の次の世界に動き出している(IOTの世界をさらにスムーズになる世界)

 

SUKIKOTO 編集部