『SUKIKOTO』

話題の人・注目作品にフォーカスする情報体感サイト

日韓併合時代の韓国・朝鮮は歴史的に見て高度経済成長していた『日韓関係を考える』

スポンサーリンク

「神谷宗幣」の画像検索結果

 

1910年、日韓併合は国際法上、合法で朝鮮政府からの依頼で日本は日韓併合することとなる。日韓併合は植民地政策ではなかった。欧米列強の植民地政策と比較して全然違う政策を取っていた。

朝鮮は日本領の一部・同胞として日本は韓国の成長を促していた。

 

 

『朝鮮の政治団体・一進会の「韓日合邦を要求する声明書」1909年

 『我が国の皇帝陛下と大日本帝国天皇陛下に懇願し、朝鮮人も日本人と同じ一等国民の待遇を享受して、政府と社会を発展させようではないか』

『日本は日清戦争・日露戦争で莫大な費用と多数の人命を費やし、韓国を独立』

 

 

時代背景として、日本は中国やロシアに対しての安全保障問題を解決していくことが必要であった。そのため、日清戦争・日露戦争が起こる。(原因は朝鮮半島に大国が侵略して来ることが最終的に日本の脅威になることを恐れた)

 

福沢諭吉は見抜いていた「朝鮮と断行せよ」

当初は、朝鮮に対して様々な援助をしてきたが、ことごとく裏切られてきた経緯があり、福沢諭吉も諦めてしまう。

 

朝鮮半島で親日派はいつも大変な目にあう歴史がある。

 

韓国の1910年→1945年での成長率は?

 

人口1300万人→3000万人

コメ生産高2.8億円→7.1億円

工業生産高13億円→86億円

経済成長率 年間4%〜5%と高度経済成長をしていた

データ『朝鮮総督府等経年譜』より

 

産業別発展推移

第一次産業75%→45%

第二次産業(鉄工業)7%→22%

第三次産業(サービス業)18%→33%

データ 車明洙 チャ・ミョンス『韓国の長期経済統計』より

 

教育を推奨していた

小学校5校→4271校に増えた

 

 

 

韓国併合は植民地政策ではない。帝国主義でもない。

インフラ投資もしたし、選挙権も与えていたし、教育もどんどんしていった

持ち出しで韓国にお金を使った。

身分制度がなくなった。奴隷制度がなくなる→韓国の王族は東京で貴族扱いで生活できるようにした。

 

歴史認識・韓国併合の真実

 

 

日韓関係には壮大な歴史が絡んでいる中田敦彦大学

オリラジ中田敦彦さんの授業が池上彰氏や東進ハイスクールの講師よりも

わかりやすい。 

 

SUKIKOTO 編集部