『SUKIKOTO』

話題の人・注目作品にフォーカスする情報体感サイト

『波の数だけ抱きしめて』あらすじ・挿入歌・ユーミンPV4曲集

スポンサーリンク

「波の数だけ抱きしめて あらすじ」の画像検索結果

 

 

『波の数だけ抱きしめて』

公開:1991年8月31日

監督:馬場康夫(ホイチョイ・プロダクション

配給収入:10億5000万円

音楽:松任谷由実

 

出演者

田中真理子:中山美穂

小杉正明:織田裕二

高橋裕子:松下由樹

吉岡卓也:別所哲也

 

あらすじ序

1991年11月東京。田中真理子が結婚式を行っており、友人の吉岡卓也・高橋裕子・芹沢良明らが参列していた。遅れてやって来た友人の小杉正明は、田中の姿を少し悲しそうに見ていた。

1982年5月湘南。吉岡卓也はガールフレンドに車で砂浜を走ってくれと頼まれ、抜け出せなくなってしまう。困っていると、地元の女性(田中真理子)が助けてくれた。吉岡はあまりにも美しい田中の姿に見惚れてしまう。田中は「FM chigasaki・Kiwi」というラジオのDJをしており、立ち去った後もラジオを通じて吉岡に走りやすい道を指示した。その他にも、違法駐車をしているサーファー達に、パトカーが来たことを知らせたりしていた。

田中は両親が滞在しているアメリカに行くことが決まっていた。芹沢は小杉に引き止めることを勧めた。小杉は7年間も田中に片思いをしていた。田中も小杉のことを思っているはずなのに、2人は一向に友人関係から発展しなかった。小杉は芹沢の話をはぐらかした。

芹沢・小杉・高橋はFMの電波を1km先まで伸ばすため、実験を行っていた。200mごとに中継器を置いて、合法的に電波を飛ばそうとしているのだ。吉岡と田中は建物の中で実験を見守るが、途中で雨が降ってしまい中止を余儀なくされる。しかも、吉岡がガールフレンドのことを放っておいて田中を口説いたせいで、ガールフレンドに車を奪われてしまう。吉岡は仕方なく田中を口説くのを諦め、車を追いかけた。

mihocinema.com

 

 

VaLentine's RADIO

最初のスタートシーン 

 

 

真冬のサーファー

  

 

SWEET DREAMS

 

田中真理子(中山美穂)がアメリカへ旅発つ前日のもどかしい電話のやりとりとユーミンソングが抜群の相性です。

 

心ほどいて

 

最後の結婚式の場面です。 

 

SUKIKOTO 編集部